原田亮

大阪生まれ大阪育ち。
神戸大学卒。サイバーエージェント、プルデンシャルを経て現在は個別指導SSゼミナール寝屋川校の教室長。趣味はダンス。大学時代は全国大会優勝経験あり。

記事一覧(60)

修了式

皆さまこんにちは。原田でございます。気づけば3月も最終週。いつの間にやら桜も開花しており、新年度の足音もすぐそこまできています。この時期は塾を探される方も多く、SSゼミナール寝屋川校でも連日多くの方お問合せを頂いております。新たな出会いは楽しいもので、わくわくした日々を過ごしております。さて寝屋川校では先日、中学過程卒業生に向けて修了式を行いました。簡単に言えばプチ卒業式。高校に合格して「はい、さよなら」ではなく、塾でもきちんとお祝いしたい。どうせなら「SSに来て本当に良かった」と心から思ってほしい。普段の授業ではなかなか伝えられないことを伝えたい。そんな思いもあり、スライドショーを準備。講師陣からは歌のプレゼント。卒業生一人ひとりに手紙も書きました。(当日来れなかった人は取りに来てください!笑)また、講師から生徒へのスピーチ。さらに生徒にも一人ひとり前に出てスピーチをしてもらいました。「今までいろんな塾を転々としたが、SSが一番だった」「SSはどの先生もいい先生ばかりで、いつも楽しかった。」「受験前、不安でいっぱいだったとき、先生が親身に相談に乗ってくれて嬉しかった。」「今までありがとうございました。これからも宜しくお願いします。」一人ひとりの想いこもった感謝の言葉たち。生徒を泣かせてやろうと企んでいた私が、涙をおさえるのに必死でした(笑)私からは一言。「ただただ、ありがとう。」本当は伝えたいこと、伝えきれていないことが山ほどあります。しかし、私自身、学校の先生から卒業前に言われた(おそらく)大事な、ありがたいお話は何一つ覚えていないような人間ですので、余計なことは何も言いませんでした。私自身、成長させてもらえた。楽しい日々を過ごさせてくれた。その感謝の言葉だけで十分でした。入口より出口。入塾する頃より、SSを旅立ったそのあとに、あの時SSに出会えて本当に良かったなと、そう思ってもらえるよう、日々生徒に向き合ってまいります。最後までお読みくださり、ありがとうございました。今日も一日、スペシャルな時を。Peace,Unity,Love,and Having fun!