本番に強い人弱い人



皆さまこんにちは。

原田でございます。

寒いですね笑
大阪でも雪がちらつき始め、冬将軍が大活躍しております。

冬将軍に負けないよう私も頑張りたい今日この頃です。



先週末、大学入試センター試験が行われました。

受験生の皆さま、本当にお疲れ様でした。


すでにご存知の方も多いかと思いますが、2020年からは大学入試が大きく変わります。センター試験は廃止。それに伴う新たなテストの導入。
これが単に入試制度の変更にとどまらず、学校教育そのものの改革を意味している。

ということに一体どれだけの方が気づいているでしょうか?

では、いつ何がどう変わるのか?そのために何をすべきか?

中学入試、高校入試への影響は?また、文科省のねらいは?

というお話については後日お伝えするとして。。

今日はこんなテーマで行きたいと思います。


ズバリ、

『あなたは本番に強い方ですか?それとも弱い方ですか?』
勉強に限らず、スポーツ、仕事、どんな分野でもいいです。
過去を振り返ってみてください。一番の大勝負において、力を発揮できましたか?

それともいつも力を出しきれず終わりましたか?


緊張で前日眠れなかったり、直前でお腹が痛くなったり、テンパって頭が真っ白になったり、、

ここぞ!という時に失敗したなーという経験のある方も多いのではないでしょうか?


実はこれ、全て私です。笑

高校入試の前日は朝まで眠れず結局一睡もできないまま眠◯打破を2本注入して本番を迎えましたし、センター試験前日にはあまりのお腹の痛さに母が心配し、カバンにオムツを入れたまま試験を受けたこともありました笑
大学入試の時もそう。これまた前日に39度の高熱に見舞われフラフラの状態で試験を受けるハメに。(試験翌日病院でインフルエンザだったと判明しました笑)
バスケの試合前も、ダンス全国大会当日も、就職の面接も、振り返ればここぞという勝負の日はいつもOPP(お腹ピーピー)状態でした。

しかし、なぜか緊張すればするほど思いもかけない結果が出るのです笑

話を戻します。
自分は本番に強いのか?弱いのか?

私の結論はこうです。

『本番に強いも弱いもない』


本当の本番は勝負当日ではなく、
勝負までの準備期間です。


緊張しようが、OPPだろうが、
手汗脇汗びしょびしょだろうが、
本番までにどれだけ準備していたかで結果はほぼほぼ決まっています。

『準備が8割』
前職時代から口酸っぱく言われ続けてきた言葉です。
常に結果を出し続ける人はこのことをよーく理解しています。

では準備とは何か?
かのイチロー選手はこんなことを言っています。
「“準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、

そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということ」


人は何かと他人や環境のせいにしてしまうもの。
隣の席の生徒のペンの音がうるさくて集中出来なかった。先生が難しい問題を出したから解けなかった。当日おなかが痛かったから、運が悪かったから。。


言い訳ばかり上手くなって準備を怠ればいつまでたっても結果は出ません。

逆に日頃からしっかり準備をしていれば多少トラブルがあろうが結果は出ます。


3日坊主でもいい。
まずは今日という1日、この1分1秒に全集中力をもって取り組む。

目の前の出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今日も一日、スペシャルな時を。
Peace,Unity,Love,and Having fun!



個別指導塾SSゼミナール寝屋川校 

 TEL: 072-829-9009 

 大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F  


個別指導SSゼミナール寝屋川校

”わが子を通わせるならこんな塾”

0コメント

  • 1000 / 1000