効率の良い勉強方法?

皆さまこんにちは。原田でございます。


先日、SSゼミナール本部の事業計画発表会に参加してきました。そこでの基調講演、富田欣和先生による「古事記から紐解く日本人の生き方」を聞いて以来、空前絶後の古事記ブームが私の中で巻き起こっています。


知ってるようで知らない古事記。1300年前から続く超がつくほどのロングセラー。読んでみればその理由が分かります。

日本人とは?和の心とは?中学校の頃に読んでも今のような感覚にはならなかったかと思いますが、「古事記」というワードを知っていたからこそ今の学びの機会に繋がっています。

『詰め込み教育』という言葉は、一般的に否定的な意味で使われることが多いですが、いつか線を結ぶための点を、たくさん打つ作業だと考えれば案外悪いことではないのかもしれません。


さて、テストラッシュも一旦落着き、今月から個別面談をさせていただいております。(順次ご連絡差し上げております)


そこで生徒やお母様方からよく受ける質問の一つ

「効率の良い勉強の方法ってありますか?」


結論、、

「ないです」と私はお答えしています。

(期待された方ごめんなさい笑)


もちろん、暗記のテクニックや、予習復習のバランス、学習計画の立て方などなどアドバイスできる事はたくさんあります。


しかし、受験の世界でよく聞く「裏技」や「コツ」とったウマい話は存在しません。(というか私はそういうのは嫌いです。)


いわゆる”デキるヤツら”の話を聞くと、圧倒的に『非効率』で『ムダ』なやり方をたどってきています。その『非効率』で『ムダ』な作業を散々試していった結果、自分に合った効率の良いやり方を身に着けていくのです。


量質転化の法則。 

これは、ある一定量を積み重ねることで、質的な変化を起こす現象のこと。つまり、質を上げたかったらまずは量をこなしましょうという法則です。

仕事でも勉強でも同じ。突き抜けた成果を出している人の共通点はまさにここにあると感じます。


技術の進歩やネットの普及により、生産性や効率性ばかり叫ばれがちなこのご時世。

しかし、最短ルートでたどり着いたゴールに、果たしてどれほどの価値があるというのでしょうか。そもそもそんな楽して成功できる道などあるのでしょうか。


易きは易き。

簡単に手に入れたものは簡単に失います。逆に、苦労して手に入れたものは簡単には失いません。いつか自分を守る武器となり、人生の財産になります。


一見遠回りでも、後から考えた時に「あれは無駄じゃなかった」と思える経験を積むことが大事だと私は考えます。
一浪、一留の遠回りばかりな私が言うと説得力ないかもしれませんが(笑)


話が飛躍してしまいましたが、

まとめると、"やり方"に目を向ける前にまずは最低限の"量"が足りているか。最初から正解なやり方なんて分からないのでやりながら徐々に修正していきましょうというお話でした。


「そんなこと分かってるんだけど、そもそもその量をこなすだけのやる気がないんです。。」とお困りの方、是非ご相談ください。

必ず何かお役に立てると思います。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。

今日も一日、スペシャルな時を。

Peace,Unity,Love,and Having fun!


個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F   

個別指導SSゼミナール寝屋川校

”わが子を通わせるならこんな塾”

0コメント

  • 1000 / 1000