坂本龍馬が歴史の教科書から消える日。

皆さまこんにちは。原田でございます。

11月も終盤に差し掛かり、中高生は来週から2学期末のテスト。今年も残り1ヶ月となりました。

先月に引き続き、生徒や保護者の皆様との面談の日々を過ごしております。
受験生は特に、今まで以上に真剣モード。授業のない日も毎日自習に来る生徒も増えてきました。
外の気温が下がるにつれて、教室の熱気は徐々に増してきていると感じております。

さて、先日発表されたニュース。皆さまご存知でしょうか。

"高校の歴史教科書に載る用語が半分になる可能性がある"

とのこと。

そこで削減対象となった用語。皆さまさぞ驚かれたのではないでしょうか。
なんとあの坂本龍馬に始まり、武田信玄、上杉謙信、吉田松陰などなど。そうそうたる?顔ぶればかり。

その背景として、
現状の暗記中心から脱却し、
思考力・判断力・表現力重視の教育に転換すべきという流れがあります。

2020年の大学入試改革に端を発して、これから高校入試、中学入試と大きく変わっていくであろうこの流れに、今の教科書の内容はそぐわないということです。

皆さま。
これについてはどう思われますか?
当然、賛否両論あるかと思います。
ネットニュースなんかを見ていると「坂本龍馬を削るなんてけしからん!」「吉田松陰がいたから今の日本があるんだ!」等々、
否定的な意見が目立つように感じますが、
私個人としては、誰を削り誰を残すかという細かい内容はさておき、この「歴史用語の精選」ということに関しては大賛成です。

実はこの30年間で、歴史の教科書に載っている用語は年々増えています。
ある日本史の教科書で比較すればなんと67ページ分、またある教科書では実に4300もの用語が増えているとのこと。
途中、ゆとり教育と呼ばれていた時代があったにも関わらずです。

そもそも授業数はそこまで変わらないのに教える内容はどんどん増えている。

結果どうなるか?
授業がつまらなくなります。そこに歴史のストーリーはなく、ただ盲目的な丸暗記の科目になってしまいます。
"詰まりすぎ"て、"つまらない"なんて笑えない話です。

これは生徒だけでなく学校の先生にとっても悩ましいことです。
「本当は歴史のおもしろさを伝えたい。どんな出来事があって、そこにはどんな背景があって、どんな生き様があり、今にどう繋がっているのか。そんなことを生徒には学んでほしい。」そう感じている先生も多いと思います。

でも実際はそんな話をしている時間なんてありません。
私も先日の授業で、余談まじりに生徒に古事記のおもしろさについて熱弁していたところ、「先生そんなとこテストに出えへんねんから授業進めてやー」なんて言われてしまいました。

それって、ただ私の話し方がつまらないだけなのでは?という意見は一旦置いておいて(笑)
実際、学校で習う社会の授業が大好きで大好きで仕方なかったという方ってどれぐらいいらっしゃいますか?

私は大嫌いでした。特に中学社会。
ただただテストの点数を稼ぐためだけに、
「ナクヨウグイスヘイアンキョウ」
「イイクニツクロウカマクラバクフ」と念仏のように唱えては、意味も分からずひたすら文字列の暗記を行なっていました。
(ちなみに補足すると、今の日本の詰め込み教育を全否定したいわけではありません。若いうちに大量の情報をインプットしまくる経験は必要だと考えています)

重要なことは、
"いま教育そのものが大転換期を迎えている"ということです。

2017年から東大の推薦入試、京大でも特色入試が始まり話題となりました。

知識よりも知恵。
詰め込みよりも思考と創造。
5教科の成績以上に
ビジョンや自分軸が問われる時代へ。

こんなお話をすると、
「いやそうは言っても、それは頭のいい人たちの話で私たちには無関係でしょ」
「まぁ、いつかそのうち考えよう」という反応をされる方もいらっしゃるのですが、本当にそうでしょうか。

世間を賑わせた3大メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)の大量リストラのニュース。

今後、この3行で社員3.2万人超削減の見通し。主な理由としては、AI導入により人手が不要になったから。この人員整理だけでなく、銀行再編や合併の話も。ちなみに近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行は来年4月に統合のようです。このニュースを見て皆さま何を感じますか?

そしてつい先日、塾近くのスーパー(トライアル)のレジも自動化されましたね。
教科書から坂本龍馬が消える頃には、ひょっとするとスーパーのレジからおばちゃんの姿が消えてるかもしれません。

AI!とか人工知能!というと、
どこか大げさで遠い世界の話に聞こえますが、実は身近なところで変化が訪れてきているのです。

人生の通信簿は何で決まるのか。
私たち大人が何を見て何を伝えていくべきか。
近々、生徒向けにこのような内容を伝えていく授業を企画しています。希望者が1人でもいればやるつもりです。乞うご期待。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今日も一日、スペシャルな時を。
Peace,Unity,Love,and Having fun!

個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F   


個別指導SSゼミナール寝屋川校

”わが子を通わせるならこんな塾”

0コメント

  • 1000 / 1000