立志の心

皆さまこんにちは。原田でございます。

卒業シーズンですね。
大阪では高校入試もひと段落し、あとは公立の結果待ちとなりました。
卒業の話題や、卒業ソングを耳にするたびに懐かしいような寂しいような、なんとも言えない気持ちになります。

さて、少し更新が久々になりましたがまずは前回のブログの続きを。
先日、本部主催「立志塾」の修身の授業に参加してきました。

立志塾とは?修身とは?
一言で申し上げると、教科学習(国数英理社)ではなく、「志を立てる」ことに主眼をおいた授業です。
細かい内容に関してはこちらをご覧ください↓

「腰骨を立てましょう」
その言葉から授業は始まります。その場にいた全員の背筋がすっと伸び、凛とした空気に変わります。

その日の内容としては、オリンピックの話から今年の大学入試の話、経済の話もあれば生徒の学校で起きている身近な問題にまで及びました。

生徒の1人が進行役になり、この授業で学んだことをディスカッション。
「人として生まれたからには人の役に立ちたい。」
「身近に困っている人がいたら力になろうと思う。」
「立腰が身についたおかげで学校の先生に姿勢がいいと褒められた」
「ゴミが落ちていたら拾うようになった」口々に自分の意見を述べる生徒たち。

ふと隣の生徒のノートを見ると、「利他の心」という言葉が力強く丸で囲んでありました。
その場にいた生徒はなんと、"全員小中学生"というから驚き。

社会が変わり、入試が変わり、今までの暗記偏重、偏差値主義から思考力や人間力が問われる時代。

"自分とは一体何者なのか"
"二度とない人生をどう生きるべきか"


今の子どもたちにとって本当に必要な学びの場がそこにはありました。
まさに、我が子を通わせるならこんな塾。素晴らしいの一言。

しかし、
こういった内容は、正直に申し上げて「お金になりにくい」のです!(笑)  

手間や時間はかかる割に短期的なメリットを感じにくい。生徒保護者側、運営側ともに「本当はこういうことが大事」ということはなんとなく分かっているはず。しかし、得てして「面倒くさい」が勝ってしまう。

私はこの現状を打破したいのです。
本当にやるべきことをやるべきなんです。

やはり普段の授業時間だけでは伝えきれないので、何かこのような学びの場を作りたいと考えています。そのためには皆様のご理解とご協力が必要です。
どうか皆さまのお力をお貸しください。
宜しくお願い致します。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今日も一日、スペシャルな時を。
Peace,Unity,Love,and Having fun!

個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F   


個別指導SSゼミナール寝屋川校

”わが子を通わせるならこんな塾”

0コメント

  • 1000 / 1000