0806

皆さまこんにちは。原田でございます。


7月からは寝屋川校でも@Luckがスタート。

ラビ☆スタ様とのコラボ企画【ダンスde単語】や、

毎年恒例の1,000語覚えきるまで帰れない特別講習サバイバル(通称「帰れま1000」)など、イベント目白押し。まさに光陰矢の如し。

(詳しくはインスタアカウントへ↓)


本日の授業にて。

唐突に、「今日は何の日かわかる?」と、ある講師。

恥ずかしながら言われるまで気づかなかった私、、(笑)

そうです、広島に原爆が落とされた日ですね。


その講師、授業を一時中断して、

御祖父様から聞いた戦争の話を生徒たちに語りかけていました。

広島周辺のご出身だそうで、幼い頃からよく戦争の話を聞かせてもらっていたのだとか。


中学生の生徒たちにとって「戦争の話」=「教科書の中の話」であり、

実体のない、テストのための暗記物の一つ、ぐらいの位置付けなんだと思います。

それもそのはず。聞くと、生徒の御祖父様方は戦後生まれの方がほとんど。

戦争を経験した人から生の実体験を聞くという経験が一度もないとのこと。


授業後、講師に聞いてみると「今の若い子たちは戦争のこと真剣に考える機会もないと思うので僕が知ってることだけでも伝えていきたいんですよねぇ」とのこと。

「お前も”今の若い子”やろ(笑)」というツッコミはさておき、

そういう思いで教えてくれているSS講師を誇らしく思いました。


この「何を伝えたいか」という部分があるのとないのとでは大違い。

歴史の勉強を通して、何を伝えたいか。

授業を通して、何を伝えたいか。

受験を通して、何を伝えたいか。

塾を通して、何を伝えたいか。

自分との出会いと通して、何を伝えたいか。


結果、生徒たちにはどう伝わっているかは分かりません。

受け取り方も各自違っていいと思います。

しかし、常に発信者がメッセージを込めて接していくことで、

受け取り手には何かしら感じるものがあるはずだと信じています。


ただ偏差値を上げるためだけなら他所でいい。

今後社会に出た後にも活きる学びや成長を得られる場にしたい。

少なくとも講師には私のメッセージは伝わっているのかなと、嬉しくなった一日でした。


これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。

今日も一日、スペシャルな時を。

Peace,Unity,Love,and Having fun!


個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F

個別指導SSゼミナール寝屋川校

”わが子を通わせるならこんな塾”

0コメント

  • 1000 / 1000